pixta_42817146_L.jpg

難聴防止支援システム

​システムの方向性

WHO(World Health Organization:世界保健機関)は、世界の12~35歳の人々の約50%、または11億人の若者がスマートフォンなどの音響機器やイベントなどの大音響を通じて、深刻な難聴リスクに晒されていると発表しました。
同時に、すでに世界の5%超にあたる4億6,600万人(大人4億3200万人、子ども3,400万人)に聴覚障害の症状があらわれており、2050年には9億人以上、または10人に1人が、生活に影響をきたす程度の聴覚障害を抱えることになると予測しています。
当社では、一度失われると戻らない「聴力」を守るため、行動履歴から安全に視聴を行なっているか否かを警告する機能など、システムやITで実現可能な仕組みを検討してまいります。